仕事を辞めたい方へ

「石の上にも3年」の本質は「成功への第一歩」

仕事に慣れてくると、家族や友人に相談をしたりすると思います。

それは「やりたいことがあるから」なのか、単に「悩み」なのかは人それぞれですが、必ず「3年は続けなさい」と言われると思います。

今の時代は少ないんですかね。笑

私の家庭は「THE昭和」の雰囲気だったので、よく言われました。

当時は「何でだろう・・・」を通り越して「少しうるさいな~」と思ったりしました。笑

今となっては、何故この言葉が令和になった今でも生きているのか、身に染みて分ります。

今回は、その内容に関して書いていきたいと思いますので、もしこの言葉に今ピンと来てない方は是非参考にして頂ければ幸いです。

 

なぜ「3年は続けなさい」と言われるのか

言ってくれた人に「なんで?」と返すと、特に何も中身がある話は返ってこないですよね。

それは何故か。

「言葉で言っても分らないから」です。

3年続けた時の自分しか分らない感覚や自信、そういった複数のものを今言っても理解できないから信じて3年続けなさい、そうすれば分かるから。

という意味合いで言ってくれています。

ではここで、その3年続けた後に得られるものを、数多くある内の3つだけ参考として上げます。

・嫌な事や「恥」に慣れ、強いメンタルを手に入れられる。

・仕事は100%ではやっていけないという事が分かる。

・「生きていくのに最低限必須なもの」が分かる。

あくまで私個人の見解ですが、如何でしょうか。

この3つを見て、あまりイメージが出来ない人は3年続けましょう、そうすれば分かりますから。

「社会の厳しさ」と言葉で言えば、ものすごく抽象的で具体性に欠けるものだと思っています。

その具体的なものの、ごく一部がこの3つです。

ただし、捉え方はみんな違います。

例えば、「生活で最低限必要なもの」であれば、「お金」と答える人もいれば、「コミュニケーション能力」と言う人も居るでしょう、人に寄りけりですね。

それぞれの捉え方ではありますが、この3つは共通して分かっている人は「納得」します。

既に何年か続けている人はすぐにピンと来るでしょう。

以上が、「自信」に直結する「自分のしてきたこと」であり、「3年続けてきて得たもの」です。

 

ですが最近は、時代が違えば人の考え方も変わってくるものだな~と感じております。

それは決して悪いことではなくて、問題はその「新しい考え方」を素直に取り入れることが出来る人間になれているか。という所だと思うんです。

 

時代は変わっていく

「今の若い者は」と批難ばかりせず、「そういう考え方もあったのか」と素直に聞いてあげてもいいのではないかと見てて思うんです。

決して皆が皆批判ばかりではないの分かっています、ですがあまりにも時代の差がありすぎて若い人たちが生きづらそうだなと感じてしまいます。

「ジェネレーションギャップによる認識の違い」なのでしょうか・・・。

昔からの「しきたり」や「今までこうやってきた」と無条件で縛られるのでなく、「ではなぜ今までこうだったのだろう」と今の時代の意見を取り入れて考える時間は必要なのではないでしょうか。

それが「しっかりした大人」というものだと認識しています。

もちろん、嫌な人たちばかりではありませんよ?笑

それも経験ですが、見てくれる人は見てくれますので、一回で諦めずとことん一生懸命やりましょう。

そういう人はちゃんと分かっているんです、「先人達の苦労」も「若い人達の苦労」も。

そういう人の背中を追いかけるのが間違いないですね。

 

自分のした事は「自分の責任」

ではある程度続けたら、具体的に何に「自信」を持てるか。

それは「選んだ道のその先に取れる責任」です。

学生と違い、社会での責任や後悔は全て「自分が背負うもの」になります。

ですから、3年続けて得るのも自分の責任ですし、それよりも早めに辞めて違う仕事に就くのも自分の責任です。

ただ、1、2年で職を変えてしまうとまた「時間が経たず転職」するという「辞め癖」が付いてしまいがちなので、注意して下さい。

それも自分の責任になりますから。誰も助けてくれません。

その時の自分も救えるように力を付ける。

「石の上にも3年」とはこういう認識で良いのではないでしょうか。

 

という事で、今回は難しい内容になってしまいましたが、如何でしたでしょうか。

今悩んでいる方へ、何か参考にして頂ければ幸いです。

 

 

最後の一言

子どもの時によく「自由に生きていきたい」なんて言ってました。

大人になるにつれ、「自由」の意味が見えてくるのが段々怖くなりましたね。

だって後ろには「責任」がついてるんですから。

それでも私は「自由に生きる」という選択をしました。

その「責任」と肩を組みながら、一緒に楽しい事をしていきたいと強く思ったからです。

責任があるから自信にも繋がり強くもなれると実感していますし、ゆくゆくは他の人の責任も背負える人になりたいと常々思うので、精進の日々です。

ふと思うんです、「責任」ってのは案外嫌なやつじゃないなと。笑