仕事を辞めたい方へ

何事も長続きするには秘密があった・・・!?

昔に比べ、仕事を転々とする人が増えてきているように思えます。

それは決して悪いことではないですが、デメリットもあります。

今回はそれについて書いていきたいと思います。

 

長続きしない人の特徴

まず長続きしない人特徴をいくつか挙げましょう。

①趣味が無い

②キャラを持っていて、愛されやすい

③熱しやすく冷めやすい

以上の3点になります。

まず①ですが、趣味が無いことで仕事への熱量が人一倍強くなってしまうことがあります。

熱心なのは良いことですが、エネルギーはずっと続くものではないので急にどっと疲れが来てしまって肉体的にも精神的にも疲労が爆発してしまうことがあります。

次に②ですが、これが今の時代では多いのではないでしょうか。

天然の「愛されキャラ」とは別に、「無意識に作った愛されキャラ」というイメージですかね。

仕事場の人間関係というのはどこか一線を引いた関係になるので、本音を言えなかったり、無理に仕事を断らずにいると、このキャラが知らず知らずに確立されてしまうのです。

あくまで自発的に作ったキャラでは無いので、自分で気付けないことが多いです。

ONとOFFとは違うので、「仕事の自分」と「家での自分」の2人が自分の中に存在してしまうので、これも続けてしまうと疲労が溜まって精神病になってしまったり自分が分からなくなってしまいます。

なので、「仕事だから」と無理せず、「出来ないことは出来ない」と拒否する勇気を持ちましょう。

今の社会ではこれが中々言える人は少ないですよね。

一線を引いた関係だからこそ、「後腐れが無い」と思って堂々と接した方がいいかもしれませんね。

 

熱しやすく冷めやすい

③についてですが、これはまた①と②の疲労とは別になります。

仕事でこれに当てはまる人は、どんな事でもある程度最初から出来る人だと思います。

周りから少し秀でてるので、それから少しの間は楽しくて熱が入ります、そこからしばらくして周りも同じレベルに達する、又は抜かれると一気に冷めてしまいます。

ある種、最初に出来てしまう分「努力が苦手」とも言えますね。

その最初の「楽しい」を継続できるように、あまり全力でやらないことをオススメします。

手を抜け、とまでは言いませんがそこに一点集中するのではなく、他にも同じくらい熱を込められるものを見つけましょう。

そうすればすぐ冷めること無く、続けられると思います。

 

長続きする人がやっている事とは

長続きする人の特徴とは、「力を抜く場所」と「力を入れる場所」をハッキリ分かっている人です。

一般的には、仕事が出来る人ほどサボっていると言われますが、では具体的にどうやってサボっているのでしょう。

というより、私が実際にやっていたことを挙げます笑

①PCを使う仕事であれば、占いなどこっそり調べる

②営業等の外回りであれば、移動を「ゆっくりのんびり」にする

③世間話をしながら、「作業」をする

結論から言うと、①と②はバレたら怒られます笑

ですがそこを「上手くやってる」んですよね。

一旦仕事から「意識が違うところに行く」のが息抜きのポイントですね。

集中力が一日ずっと続く人なんて居ませんから、「息抜きも仕事の内」と自分を肯定するのも大事かもしれませんね。

そうすることで、熱量が均等になりリラックスして、仕事も長続きできると思います。

 

以上が、私が思う「長続きする秘密」でしたが、如何でしたでしょうか。

今何か悩んでいる方は、参考にして頂ければ幸いです。

 

最後の一言

人から批判や否定をされることを恐れてはいけないと私は思います。

めちゃくちゃ怖いですけどね笑

それはきっと成長の肥やしになりますし、それをクリアできれば必ず信頼もされます。

慎重な人もいいですが、たまに思い切った所が見えると人間味があっていいですよね。